CADオペレーターとは?

CADオペレーターとは、CADを扱う人のことを言いますが、そもそもCADとは何かをご存知でしょうか?

CADは、「キャド」と呼び、「Computer Aided Design」の略称です。

日本語でCADは、「コンピュータ設計支援」という風に訳されている通り、製品を生産する工程の中で、1番最初の段階に行う設計図作成を行うもののことを言います。

現在のCADは、主にテレビや冷蔵庫、身近なところではスマートフォンなどの電化製品の精密機器の設計などに利用されていますが、CADはもともと、飛行機を設計するために作られたものでした。

このようにCADは、大きさや性能、使用目的を問わず様々な種類の製品を製造するために欠かすことのできない設計図作成の基礎となる部分を担っており、そのCADを操作する人のことをCADオペレーターと呼んでいるのです。

CADオペレーターは、CADを扱うために多くの専門知識が必要となり、さらにCADを扱う技術や経験が必要となることから、まったくの知識や経験のない人がCADオペレーターになることはできません。

CADオペレーターを養成する学校などでCADの勉強をして専門知識を習得したうえで、経験や実績を積むことでCADオペレーターになることができます。

 

 

 

お問い合わせはこちらから

メニューを開く