NEWS/COLUMN お知らせ/コラム

オフィス・アークスでは、インテリアコーディネート業をサービスの1つとして行なっております。そこで今回はインテリアコーディネート業の仕事内容はどのようなものなのか、簡単に紹介していきたいと思います。

 

インテリアコーディネートの仕事は、お客様の要望をヒアリングし、住宅や店舗などの室内で使用する家具、壁、床などのインテリア計画を立て、インテリア商品選択のアドバイスを行うというものです。

インテリアコーディネートの仕事をするために特別な資格は必要ありませんが、所有しているとお客様の信頼が得やすい資格として「インテリアコーディネーター資格」というものがあります。インテリアコーディネーターの資格は一次試験と二次試験があり、平均的な合格率は25%前後となっています。

 

渋谷区にあるオフィス・アークスは、建築施工図の作成をメインの業務として取り扱っております。弊社では随時施工図マネージャーとして、CADソフトの操作に長けた人材を募集しております。

施工図マネージャーとして経験豊富な方がいましたら、ぜひお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

建築は、いろいろな法律に基づいてその安全性が確保されています。注意しておきたい点もありますので、今回は法律との関係についてお話してゆきます。

建築基準法とは、建築物についてのさまざまな基準を定めたもので、リフォームをしようとする場合には、建築確認が必要かどうかがポイントとなります。床面積の増加を伴わないリフォーム工事の場合には、建築確認の申請は不要となります。

建築士が設計するものは、本来であると建築確認が必要な工事であっても、図書の提出を省略できるなどの特例(4号特例といいます)を受けられるケースもあります。

建築士の設計を受けていれば、木造戸建ての住宅は、そのリフォーム工事において図書の提出を省略できるケースが多くあります。

また、建設業を営むとき、業者は建設業法に基づいて建設業の許可を受ける必要があるのですが、例外もあります。
1500万円未満の新築工事、もしくは500万円未満のリフォーム工事であれば、建設業の許可がなくても、工事を請け負うことが可能となっています。

リフォーム工事では、建設業の許可がなくても、ほとんどの工事が請け負えてしまうことには、事前のじゅうぶんな注意が必要です。

建築・設計に関するご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

2000年以降、施工する建築物において、階段には必ず手すりを設置しなければならなくなりました。
建築基準法改正法で「手すりの設置」が義務化となったからです。(施行令第25条)

それ以前は、階段の両側に転落を防止する側壁などがない場合には、手すりを設置する必要がありましたが、両側が壁に囲まれた階段では、手すりを設置しなくても適法とされていたのです。

この義務化の一番の理由として挙げられるのは、高齢化社会への対応です。建物内において、階段での事故が年々増加している傾向をかんがみて、こうした法改正の流れにいたった経緯があります。年齢別では、その7割が65歳以上の高齢者となっているのも現状です。

そもそも手すりというのは、大きく分けて2つの要素を持つと定義されています。

①補助としての手すり・・・・・・動作をスムーズにおこなうための補助的な役割としての手すり
②転落防止の柵としての手すり・・高所からの転落を防ぐため、柵の役割を持つ手すり

このような観点から、法的な設置義務ができたわけですが、注意しておきたいのは、次のような場合であっても設置は必要になるという点です。

・建て主の了解を得て、手すりは設置しないと希望している場合
・階段の高さが1メートル以上の場合

デザイン性と安全性の両方をふまえながら、最適な仕様を検討することが大切であるといえます。

建築設計に関するご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

「長雨」「多雨」「霧雨」「村雨」など、日本語には雨の降り方をあらわす言葉がいくつもあります。
世界のなかでも日本は降水量が多い国で、雨に接することの多い国です。雨は生きていくうえで欠かすことのできない大きな恵みではありますが、時として命を脅かすような危険もはらんでいます。湿気が病気などを引き起こす原因となることもあります。

昔から、安心して快適に暮らすためのしくみを作ることは、その時代時代で大きな課題でした。それが脈々と続き、今に受け継がれているものもたくさんあります。

庇、縁側、雨戸、樋などといった日本家屋の形状は、雨よけのために考え出された工夫だといえます。
日本の屋根の形には、大きく分けて3種類があります。

①切妻(きりづま)・・・一番高い部分の棟の両側にのみ屋根を傾斜させる屋根のこと
②寄棟(よせむね)・・・四方向に屋根面を傾斜させたもの
③入母屋(いりもや)・・上のふたつを合わせたもの

雨を対策する観点から考えると、四方向すべてを覆っている寄棟(よせむね)は、機能的に優れているといえるでしょう。
寒さを防ぐという点から考えても同様に寄棟の防寒性が高いとされていますので、東日本の地域においては、こうした寄棟の屋根構造をした建物が多く見られます。

建築設計に関するご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

建物の構造にはいろいろな種類があります。

使い方・立地の条件などによって、
どのような構造で建築するかは変わってきますし、
耐久性の面からみても、
設計する段階でしっかりと検討する必要があるところです。

建築の構造物はおもに、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、アルミ造
コンクリートブロック造、鉄骨鉄筋コンクリート造といった
8つの種類があります。

東日本大震災が起きてから、
日本の住宅は、その強度や耐震性を見直すことが余儀なくされました。

従来は、建築コストの面からみて、
比較的コストパフォーマンスの良い木造は、
通気性がよく調湿効果があるため
湿度の高い日本の気候にちょうどよい構造物として
主流となっていました。

震災以降の見直しから、
耐震性に優れたほかの構造物にも目が向けられるようになりました。

なかでも軽量鉄骨造り(S造)は、
揺れに強く、鉄骨の強みである強度によって
折れにくいのが特長です。

また、耐火性についても改良が進んだことで、
木造以上の効果を発揮することができるようになりました。

もともと鉄材というのは、
高熱で柔らかくなる性質を持っていて
540度以上の熱には、突発的に強度を失うという難点があります。
これは建築構造物として重大な課題とされてきたのです。

近年、この課題に対して、熱を吸収する耐火被覆材を
施すように改良され、耐火性・耐熱性の向上が見られるようになりました。

設計・建築・デザインに関するご質問やご相談は
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから。

 

 

詳細はこちら

メニューを開く