NEWS/COLUMN お知らせ/コラム

 

 

CADは、建築や土木、機械などの分野において

設計・デザイン・製図をするために使われるソフトです。

 

CADの作業は、細かな作業が得意な人には向いている仕事だといえます。

基本的なパソコンの操作ができたなら、

CADの習得にも取り組むことができます。

 

なかでも建築用CADは、平面図・立面図・断面図などで意匠設計の作成をするとき、

面積を容易に測定することができるなど、

コンピューターの強みを活かして作業が進められるのがメリットです。

 

CADソフトには、幅広い機能をもった「汎用CAD」と、

専門分野に特化した「専用CAD」の2種類があるのですが、

 

どの分野にも適用できる汎用CADの代表的なものは、以下の2つです。

AutoCAD (有料)

JWCAD (無料)

 

AutoCADは、多くの苦行で使われているソフトで、

まさにCADの代表といえるものです。

JW-CADは、建築設計のソフトで、設計事務所から工務店に至るまで

幅広く普及しているソフトです。

なによりも大きな特徴は、無料であることです。

 

CADの技術の習得を考えるとき、

AutoCADJW-CADの両方が扱えるということは、

就職や転職、そして実務のうえでも

大変有利だといえます。

 

専用CADは、各業界の要望を織り込んで開発されたもので、

代表的なのは、自動車や輸送機械の分野でつかわれる

機械専用のCATIA(キャティア)というソフトです。

 

建築の意匠設計、構造設計、

CADに関するご質問やご相談はこちらから

 

詳細はこちら

 

 

 

コンピューター上で図面設計・製作・デザインを行うことをCADといいます。

この技術は、建築だけにかぎらず、土木や機械、自動車などの

幅広い分野において活用されています。

 

CADを使いながら仕事をする人のことは、

一般的に「CADオペレーター」と呼ばれていて、

オペレーターとして働くには、

資格がないといけないというわけではありません。

 

ただし、CADに関する基本的な知識と技能が

しっかりと身についていることがとても重要なのは言うまでもありません。

 

CADには、一般的な「汎用CAD」と、

専門的用途に特化して作られた「専用CAD」があり、

じつに多種多様なソフトが用意されています。

 

CADの資格は、自分の知識と技能がどのくらいのレベルにあるのかを

確認するときの目安になりますし、

就職や転職の際のアピールできるポイントにもなります。

 

CADの資格は、協会や連盟による認定資格と、

CADの開発メーカーによる認定資格と

大きく分けると2つの種類がありますが、

自分の分野に適した検定かどうか、

それとあわせて、検定を行っているソフト開発メーカーの認定試験では、

今後、自分が仕事で使用するソフトを取り扱うメーカーの

検定試験を受験するのがベターだといえるでしょう。

 

CADによるお仕事に関して

ご質問やご相談をお待ちしております。

お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから。

詳細はこちら

私たちは、日常のさまざまなところで色彩に触れていますが


意識して過ごすことはあまりないのではないでしょうか?

 

 

ですので、色を組み合わせるとなると、


一体どれとどれを合わせれば調和がとれるのか、


わからりにくく、すぐには選べないかもしれません。

 

 

今回は、色の組み合わせ方について、お話していきます。

 

 

上の図は、色相をあらわしたもので「色相環」といいます。


赤・青・黄をさまざまに組み合わせることで


多様な色が生まれますね。

 

 


そして、おもに2つのグループに分類ができます。

① 暖色系・・・赤、オレンジ・黄


② 寒色系・・・青・青紫

 

暖色系は、温かさを感じさせてくれる色で、明るくエネルギーに満ちた雰囲気を作ります。


一方、寒色系は、涼しさや冷たさを感じさせる色となり、静かな落ち着いた雰囲気となります。


あいだの色はどちらのグループにも属さない「中間色」となります。

 

 

では組み合わせ方をみていきましょう。


① 類似色相・・・色相の両隣と組み合わせること。


② 補色・・・・・一つの色相と、その反対側にある色相と組み合わせること。


③ 反対色相・・・補色と、その両隣の色相2つを組み合わせること。

 

この3つの組み合わせパターンに、


「明度」や「彩度」と掛け合わせることで


ここからさらにバリエーションが広がってゆきます。

 

 

隣同士の色、反対にある色、それぞれの色が持つ雰囲気や効果は


空間やインテリアに大きな影響を与えます。

 

 

詳細はこちら

部屋の印象というのは、選ぶ色でおおきく変わります。


好みの空間を造るためには、色彩プランがとても重要になってきます。

 

今回は、そんな色彩プラン(カラーコーディネート)の

基礎的なお話してゆきます。

 

 

カラーコディネートというのは、


思い描くイメージを、実際に即した環境にするために、


多くのなかから色を選んで、調和させることを言います。

 


視界に入ってくる色は、いつもどこでも一つの色ではありません。


いくつもの色が、必ず組み合わさってできていますよね。


その配色をいかにうまく組み合わせるかがポイントとなります。

 

 

たくさんある色には、分類があることをご存知でしょうか?


色彩学では、まず「有彩色」と「無彩色」という分類に分けられています。

 


有彩色・・・色のあるもの(赤・黄・青など)


無彩色・・・色のないもの(白・黒・グレー)

 

 

有彩色は、いろいろな色をかけ合わせながら、


幅広い色を作り出すことができます。これを(色相)といいます。

 

 

そのほかにも明るさの度合い(明度)や鮮やかさの度合い(彩度)によって


さらに豊富な色のバリエーションが生まれます。

 

 

無彩色には明度の尺度だけがあり、彩度や色相はありません。

 

 

この「色相」「明度」「彩度」の3つの観点を「色の三属性」と呼び


こういった色の仕組みを理解することは


インテリアや外観、その他あらゆる空間のコーディネートするうえで


とても大切なスタートとなります。

詳細はこちら

建築図面といえば、設計やデザインなどの図面を思い浮かべる方も多いと思います。しかし、実際に現場作業で必要とされる図面で圧倒的に多いのが施工図なんです。業界では、よく設計3割、施工7割といわれます。建築の世界では設計は花形ですから、CADオペレーターも最初は設計の仕事から携わる方が多いです。しかし、その仕事量の多さと重要度から、同じCAD操作を行う仕事でも、CADオペレーターから施工図技術者へステップアップするほうがはるかに待遇や収入面でメリットが多いと言えるのです。

CADオペレーターは設計者の指示に従って図面の作成や修正をすれば済むのに比べて、施工図技術者は設計士が作った図面を読み取り、それを基に実際に建物を建てるための図面を作成しなければなりません。建築的な知識が必要となりますし、図面への責任もはるかに大きくなります。また、施工図は設計図面の数倍にのぼり、日常の作業の中で修正していく必要があるなど、プロジェクトが大きくなるほどチェック項目が増えていきます。この膨大な施工図をトータルにチェック・監督するのが施工図マネージャーの仕事です。

施工図マネージャーは誰でもなれるものではありませんが、その分知識や経験などがモノを言う一生の仕事となります。あなたもの建築現場の一翼を担う施工図マネージャーの道をめざしてみませんか?

詳細はこちら

メニューを開く